委員会テーマ及びコンセプト

60周年実行委員会

委員長 鳴本 太郎 

[テーマ]

〜過去・現在・未来〜

 

[コンセプト]

昭和3298日、志を同じうする11名の青年によって誕生した笠岡青年会議所は、本年度創立60周年を迎えます。その記念すべき節目の年に、60周年実行委員会では記念式典、記念祝賀会、記念誌、記念映像、記念事業等の事業を実施いたします。

 

 しかし、「周年だから」という理由のみで周年事業を行うことは、主体性、能動性を重んじる我らJAYCEEの理念に反することであり、明確且つ崇高な目的なくしては、成果もあり得ません。

 

 では、周年の目的とは何でしょうか。何のため、誰のための節目なのでしょうか。そこには、“対内”と“対外”という二つの視点と、“過去”“現在”“未来”という三つの時間軸が必要であると考えます。

 

 まず対内的視点で見た場合、過去を振り返ることで現在へ繋げていくことが挙げられます。つまり、脈々と受け継いできた伝統や先人達の想いを今一度見つめ直し、そこに想いを馳せることで、今我々が行っているJC運動に対する一つの指針となるのです。

 また、周年事業を会員が総力を挙げて行うことで、心を一つに絆をより深め、現在の組織の力を向上することができるのです。

 

 続いて対外的視点で見た場合、過去への感謝と現在の認知と言えるでしょう。過去への感謝とは、60年の長きにわたり笠岡青年会議所の歴史を繋げていただいた諸先輩方と、その運動に対し多大なご理解とご協力を賜った関係諸団体に対する感謝であります。

 現在の認知とは、今我々が行っている運動や組織構成を先の諸先輩方や関係諸団体に知っていただくと共に、地域の皆様に笠岡青年会議所の存在と魅力を伝え、広く認知していただくことであります。

 

 過去から現在の指針を見出し、周年事業を通じて組織力を向上する。そして過去へ感謝し、現在の認知を広げる。

 その全てが「明るい未来のために」、今我々が行動を起こす必要があるのです。

 

 未来は現在、現在は過去からの贈り物であります。

 過去から受け取った、英知と勇気と情熱の詰まった贈り物。

 その贈り物に、夢と希望、絆と誇りを添えて、明るい未来へ贈り届けましょう。

コンテンツ

運営者情報

一般社団法人笠岡青年会議所
〒714-0098
岡山県笠岡市十一番町3-3
笠岡商工会議所内
TEL.0865-63-1151
FAX.0865-69-2366

 

Copyright (C) 一般社団法人笠岡青年会議所 All Rights Reserved.