活動報告

1月16日~19日の間、京都国際会館にて”アップデート”をテーマに 2020年度 京都会議 が開催されました。毎年1月第3週末に開催される京都会議では1年間の青年会議所活動の起点となる会頭所信の披露や、様々なジャンルのセミナーや会議等が開かれ、日本全国約700の青年会議所から会員が集結します。

18日は全国の理事長が集まり第162回総会が行われ、今年の青年会議所の方針について話し合いました。

その他の出席メンバーは、自己の修練のためや今後の青年会議所活動に活かすために、色々なセミナーに参加しました。中でも笠岡青年会議所会員の中尾委員は「JCIimpact」というセミナーに参加しました。このセミナーは、行動する市民として、地域社会に積極的に貢献できるJCIメンバーのためのコースです。中尾委員の参加したチームでは人口減少による空き家増加に対して対策を打つべく、修復せずに済む空き家の調査をし、自治体に情報を提供するといった方策を打ち出しました。

またセミナーを受けた他の会員からも「セミナーでは組織運営セミナーや非常事態宣言、組織改革4.0など三宅理事長の掲げられる方針を実践するために役立つものが多かった」との感想が聞かれました。

参加された皆様お疲れ様でした。