活動報告

本年度も笠岡青年会議所では新たな仲間を募集しており、会員拡大について会員同士で話し合う第1回拡大会議が市民活動支援センターで開催されました。

笑顔で会員拡大の必要性についてお話をされる三宅理事長

本年度、会員拡大のとりまとめを担当するのは、川崎委員長率いるまちづくり委員会です。

準備万端で会議に臨む川崎委員長


本日の拡大会議では第1回ということもあり、なぜ笠岡青年会議所に会員拡大が必要なのかというところからスタートしました。2020年に卒業される方はなんと8名。本年度が終われば、笠岡青年会議所は今のままでは会員数は20名となってしまいます。集まった会員全員が危機感を感じたようでした。

会員減少について真剣に耳を傾ける小谷委員

その後、会員役と入会候補者役に分かれ、「時間」「お金」「家族」の3つのテーマについて入会候補者役を説得するという模擬訓練を行いました。
この模擬訓練では入会候補者役はなかなか首を縦に振らず、難しく感じましたが、説得のトレーニングをすることは会員拡大だけではなく会員自身の仕事の面でも役立つのではないかと感じました。
また参加した新会員からは新会員なりに感じた現状や気持ちを伝えられたら相手の心を動かすことが出来るのではないかとの声も聞かれました。

真剣に話し合う会員たち

ブログをご覧になった皆様の中で少しでも興味がある!私たちと活動をしてみたい!と思われた方がいらっしゃいましたら、ぜひ(一社)笠岡青年会議所までお問い合わせ下さい!