活動報告

日頃より笠岡青年会議所の活動に対しまして、ご理解を賜り厚く御礼申し上げます。

連日報道されておりますとおり、新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が発令され、店舗休業、イベント自粛、外出規制等暮らしへの影響が各方面に出てきています。

地域の皆様におかれましては、不安やストレスを抱えて日々の生活を送られていることと思います。笠岡青年会議所では一刻も早い事態の収束を願い、地域のために情報発信や支援を行ってまいりたいと考えております。

さて、近隣の商店においてもマスク不足は顕著で、マスクを求めて朝から長蛇の列をなしているのを目にします。新型コロナウイルス感染予防のためにマスクを購入しようと思い2m以上の間隔をあけることなく行列を作っている状況を見ると、予防のためにマスクを買うはずが、新型コロナウイルスに感染するリスクを高めているという矛盾の状況を作ってしまっています。そのような状況を変えるために、市販のマスクではなく、布マスクをつける方が増えてきました。最近では、布マスクだけではなく、色々な物を代用して手軽にマスクを作れる動画が増えており、おうち時間を有効活用してマスク作りをすることで新たな楽しみを得られています。

ここでは、手軽に作成できる手作りマスクを紹介したいと思います。

・笠岡青年会議所メンバーの奥様が実際に参考にして作ったサイト

https://www.huffingtonpost.jp/entry/hand-sewing-face-mask_jp_5e7cc4c0c5b6cb08a92955b2

・品薄のマスクゴムをストッキングで代用する方法

・キッチンペーパーを使った縫わないマスク

・コーヒーフィルターでもマスク

・レンジフードフィルターでもマスク

・手ぬぐいを使ったマスク、手ぬぐい1枚で4枚のマスクが作れます

実際に手作りマスクを使っている笠岡青年会議所メンバーに聞いてみると

・布マスクは洗濯すると縮んでしまうから鼻と顎を覆うために、型紙よりも少し大きめがおすすめ
・マスクの内側にガーゼをポケット状に縫い付けて、キッチンペーパーを挟めば汚れを防ぐことができる
・不織布などでも代用できる
などの意見を頂きました。

皆様、是非マスクを作ってみてください!