活動報告

去る8月17日、笠岡市市民活動支援センターにて(一社)笠岡青年会議所「8月例会」が開催されました!

理事長挨拶

本例会では、新型コロナウィルス感染拡大防止を踏まえて密となる状況を減らすために、実際に会場に集まる会員は登壇者等の最低限の会員とし、他の会員はzoomにて参加していただくという例会となりました。また、新しい生活様式の実践として、参加者同士が距離を保って参加する、換気や消毒を徹底するなどの方式を取り入れた例会となりました。

zoom参加をする会員 
登壇者の正面にスクリーンを設置し、実際に参加をしているように設営しています。
距離感を保った会場(例会開始前)

会場設営を担当したのは水田委員長率いる広報委員会です。設営の段階から、感染拡大防止のため、アルコールによる消毒、検温による体温のチェック、換気を十分にするなどの手段を取りました。また、登壇者がマイクを使用するたびにマイクのアルコール消毒なども行い、感染拡大防止に努めました。

中尾委員による除菌
渡辺副委員長によるJCIクリード唱和
平岡委員によるJCIMission並びにJCIvision
唱和
柏原委員によるJCI宣言文朗読並びに綱領唱和

続いて、2021年度理事長予定者となった奥野慶大君より挨拶があり、このコロナ禍の中、笠岡青年会議所が次年度にしなければならないことのお話がありました。中でもいま社会では経済活動や行動が自ずと7割に抑制されるという「7割経済」という言葉が叫ばれているが、次年度の笠岡JCでは7割に収まってしまうという方針ではないとの力強い言葉が印象的でした。

2021年度理事長予定者挨拶

この例会では、平岡洋一郎君に第2子となる平岡湊都君が誕生されたといううれしいニュースもありました!平岡委員は動画の編集などで貢献をしていただき、笠岡青年会議所にとってなくてはならない存在です。平岡委員、おめでとうございました!

続いて、8月例会3分間スピーチ発表者は坂本貴之専務理事です。
下記にその様子を動画でまとめていますので是非ご覧ください。
会場に参加している坂本専務理事がzoomにて参加している河田天委員の魅力について紹介されました。

ニコニコBOXでは、実際の会場へ参加している会員と、zoomにて参加している会員が発言をしました。この例会では実際に会場に参加している会員から発言をした後、zoom参加者から発言を行いました。
松尾大輝野球同好会キャプテンはzoomにて参加していましたが、スクリーンより声が会場に響き渡りました。

笠岡市交通安全対策協議会に出向している川崎委員長
zoom上から発言する松尾キャプテン

最後に宍戸監事による監事講評がありました。
下記の画像では非常に見えにくいですが、上段の左端に会場の様子が映っており、そこで宍戸監事が監事講評をされている様子が映っています。zoomにて参加しているメンバーには、この会場の様子を各自で画面固定していただき、会場の様子をリアルタイムで見ていただくというのが今回の例会での仕組みでした。

宍戸監事の恒例となっています本日のお言葉ですが、「進取確取」というお言葉を頂きました!人は自立した存在になるためには新しいことに取り組み必要があるという意味だそうです。宍戸監事ありがとうございました!

さて、本年度は3分間スピーチについてその様子を動画に収録し、当ホームページにて公開することとなっております。本年度の3分間スピーチのテーマは「私が思う〇〇君の魅力」として発表する会員が考える他の会員1名の魅力を伝えます。
8月例会での発表者は 専務理事 坂本 貴之 君
魅力を紹介される会員は  まちづくり委員会 委員 河田 天 君 です。
それではご覧ください!