活動報告

1月17日~20日の間、京都国際会館にて”持続不能”をテーマに 2019年度 京都会議 が開催されました。毎年1月第3週末に開催される京都会議では1年間の青年会議所活動の起点となる会頭所信の披露や、様々なジャンルのセミナーや会議等が開かれ、日本全国津々浦々にある約700の青年会議所から理事長と会員が集結します。

京都会議2019 新年式典 会頭所信表明

本年度は、笠岡青年会議所から鳴本理事長をはじめとする総勢12名で参加しました。

理事長と奥野副理事長は、青年会議所メンバーで石材業界に従事している方たちが集まる、石材部会の第一回通常総会に出席するため、18日から京都会議へ赴きました。
他にも業界毎の集まり(部会)があり、所属すると情報の交換や共有ができる様です。

緊張する奥野副理事長 (石材部会)

19日は全国の理事長が集まり第159回総会が行われ、今年の青年会議所の方針について話し合いました。その他の出席メンバーは、自己修練のため、また、持ち帰って今後の青年会議所活動に活かすためにと、色々なセミナーに参加しました。セミナーを受けたメンバーは「有意義なセミナーが無料で受講でき、大変ありがたい。」や「セミナーは、自分で勉強するよりも効率的に学べる。」とコメントしていました。

セミナー風景

19日の夜は芦屋でLOMナイト(青年会議所毎に集まり団結を図る懇親会)を行い、おいしい食事を交えながら、親睦を深めました。

LOMナイト

20日には2019年度 日本青年会議所 会頭の挨拶と所信の披露が行われました。

笠岡JC集合写真
理事長集結

京都会議には歴代の会頭や海外のJCの方もお見えになり、その中には第92代内閣総理大臣である、麻生太郎様の姿もありました。

今回の旅程を組んでくださった総務拡大委員会の皆さま、お疲れ様でした。ありがとうございました。