活動報告

18日、笠岡商工会議所で2月例会が開催されました。
( ※例会とは毎月1回青年会議所会員が全員集って行う、意見交換・友好促進・意識の高揚・絆を深めるといった為の会合です。)

この日の例会事業では、「リーダーシップ研修【理論編】」と題してセミナーが行われました。

笠岡青年会議所リーダー、鳴本理事長による挨拶

まず初めに、奥野将太研修拡大委員長が「リーダーシップとは努力して身に着けるものです。今回のセミナーでは、いまの自分に足りないものは何なのかをしっかりと把握して、今後のJC活動や職場でもそれを意識しながら行動し、リーダーとしての資質を身に着けてほしいと思います」と話しました。

つづいて、25問のクイズ形式のテストを受けて自己分析を行いました。

この様な、頭を捻るクイズが25問
(正解: カメレオンが同じ色になる事はありえない)

この結果とグループ内のメンバーに分析してもらった結果を照らし合わせたことで、自分に足りている能力と、足りていない能力が浮き彫りになりました。

メンバーの皆様、結果はいかがだったでしょうか?

今回のセミナーは、笠岡青年会議所の底上げにつながる、充実した内容だったと思います。

例会風景

今年度はメンバーのスキルアップ・レベルアップにつながる事業をたくさん企画しています。 おたのしみに‼

また、3月に開催予定の”ブロック新会員研修会”のPRに岡山ブロック協議会の”傑出した人材育成委員会”のメンバーが例会後にお見えになりました。笠岡JCからは赤田委員が出向しております。

PRされる傑出した人材育成委員会のメンバーと緊張する赤田委員(右端)

新会員の皆様、頑張って下さい!!!