活動報告

親子がふれあうイベント「子どもフェスティバル」が、4月29日に笠岡市で開かれました。

大盛況だった「子どもフェスティバル」

今年の子どもフェスティバルも盛況で、市内外から多くの家族連れらが会場の笠岡総合スポーツ公園に集まりました。

主催者によると、この日はおよそ3,500人が来場したとのこと。

メイン会場の総合体育館では、工作やレクリエーション、ニュースポーツなど16のコーナーが並び、訪れた親子が次々と挑戦していました。

子どもたちの笑顔をみると疲れも吹き飛びます

ニュースポーツ体験では、氷上のカーリングを体育館などのフロアでもできるように考えられた「カローリング」や、両端にゴム製の重りが付いたロープを投げて、はしご状の的に絡ませる「ラダーゲッター」などが用意され、子どもたちが夢中になってプレーしていました。

ニュースポーツ「ラダーゲッター」を担当した水田副委員長

イベントには、中学生から大学生までの学生ボランティアおよそ200人も参加しており、われわれ笠岡青年会議所のメンバーも各コーナーで子どもたちの体験をサポートしましたよ。

子どもたちの楽しそうな笑顔を見ていると疲れも吹き飛びます、メンバーの筋肉痛が心配だけど。

カブトガニのキャラクターとパシャリ

ボランティアに参加してくれたメンバーのみなさん、おつかれさまでした‼