各委員会所信

START UP

~創りましょう。新しい指針を。~

小山 善久
(New Normal創造委員会 委員長)

◆所信
 世界規模で今なお続いている新型コロナウイルスの感染拡大は、笠岡青年会議所の活動するエリアでも多大な影響を及ぼすこととなりました。このコロナ禍を生き抜いている我々は、明るい豊かな社会の実現を目指すために、今まで当たり前に考えられていた行動の変容が求められています。

 ここ近年、笠岡青年会議所において組織風土改革の意識が醸成されてきました。その中で昨年、新型コロナウイルスの影響による行動の制限が今後の青年会議所活動や運動を見直す起点となりました。現状を受け入れ、変化せざるを得ない今の状態は、時代に即した組織へと改革できる絶好の機会であります。会員一人ひとりが主体的に考えて発言できる組織風土を作り、組織運営の在り方に向き合うことが、withコロナ時代における笠岡青年会議所のNew Normal創造の第一歩になるのではないでしょうか。

 本年度 New Normal 創造委員会では、笠岡青年会議所会員が活き活きと活動できるようNew Normal、即ち組織のための新しい指針の確立に努めます。そして、この New Normalに即した形で総会を着実に運営してまいります。また、会員一人ひとりが意見を発言できる場所を設け、会員から得られた意見を基に前例や過去の慣習にとらわれることなく、定款・規則・規定等を見直します。さらに、率先して地域と笠岡青年会議所をつなげる窓口となり、地域に頼られる組織となるように努めると同時に、まだ見ぬ仲間を求めて会員拡大にも力を注ぎます。

 コロナ禍を生き抜く我々だからこそ組織の本来の目的を見失わず、組織として新たな創造ができると考えます。そのためには、会員一人ひとりが当事者意識を持ち、一歩踏み出す必要があります。明るい豊かな社会の実現を目指すために。

創りましょう。新しい指針を。

SPEAK UP

~伝わる魅力~

徳永 亮
 (ブランディング創造委員会 委員長)

◆所信
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、計り知れないほど甚大なもので、今までの日常において、当たり前に行われていたことが行えず、社会に息苦しさをもたらしています。笠岡青年会議所も例外ではなく、JC 活動や運動に制限がかかりました。しかしながら、笠岡青年会議所も新しい生活様式を取り入れ、新型コロナウイルスと向き合い、時代の変化に即した活動を行うことで、未来の可能性を切り拓いています。

 我々は今まで、ホームページや SNS、広報誌などで笠岡青年会議所の魅力を発信してきました。そして、活動地域の人々がご覧になり、笠岡青年会議所の魅力を感じていただいているものと考えます。発信方法やコンテンツの多様化が進みつつある今、我々も LOM の強みを再認識し、笠岡青年会議所の魅力を伝え続けていかなくてはなりません。さらに、活動地域において、より必要とされる笠岡青年会議所であるべく、我々の魅力を最大限に引き出せる、戦略的なブランディングが必要ではないでしょうか。

 本年度、ブランディング創造委員会では、活動地域の人々へホームページや SNS を駆使して、我々の活動を発信し記録・保存を行います。笠岡青年会議所とその会員一人ひとりが、どのような活動を行っているか、クリエイティブなコンテンツで「見える化」することにより、我々のストロングポイントの一つでもある「人」の輝きを戦略的にブランディングします。会員一人ひとりの輝きの集合体が笠岡青年会議所の輝きになると考えます。会員の「人」にフォーカスすることで、笠岡青年会議所の活動に対する、エンゲージメントをより高めて会員拡大に取り組みます。会員でブランディングについて学び、時代に即した発信方法で、様々なコンテンツを静止画・動画を駆使し、思いを込めた言葉とこれまでと変わらぬ良質なビジュアルで、的確かつ効果的に伝えていきます。

 笠岡青年会議所の魅力を発信することで、活動地域の人々に我々の輝きを思いの限り感じていただき、我々が活動地域と共に歩んできた姿勢が伝わり、活動地域の人々からの理解と支援につながると考えます。育ててもらったこの地域に、活動を行っているこの地域に、感謝の思いを込めて、最大限の“SPEAK UP”を。

HOPE

~明日のために~

高田 脩平
 (まちづくり創造委員会 委員長)

◆所信
 現在、世界は未曽有の状況に置かれています。グローバリズムによって地球の隅々まで繋がった現在、新型コロナウイルスは瞬く間に広がり、世界中で猛威を振るっています。日本全国でも新型コロナウイルスの流行により、仕事や家庭、また青年会議所活動においても身体的距離の確保やマスクの着用等、新しい生活様式の実践が行われ、今まで経験したことのない弊害が起こっています。緊急事態宣言の解除と共に、少しずつでも日常を取り戻すべくさまざまな企業や団体がwithコロナ、afterコロナの対応策を考えながら事業継続をしています。

 我々Jayceeも、終わりの見えない感染症の影響により、人為的に密接することのないような会議やイベント、まちづくり運動を模索しています。オンラインで仕事をしたり会食を控えるなど直接会うことのない世界が当たり前になりつつある今でも、やはり人と直接会って話をし、同じ空気を共有することも大切です。我々Jayceeも明日の社会を創る青年経済人として、活動地域へ希望をもたらし、安心安全を最大限に考慮した青年会議所活動・運動を展開していく必要があると考えます。

 本年度、まちづくり創造委員会では、青年会議所活動はもとより活動地域に笑顔あふれる事業を行います。そのため、まず感染症について学び時代に沿った青年会議所活動・運動の在り方について考えます。また会員間の繋がりを大切にし、笠岡青年会議所会員の意識が同じ方向へ向いて活動できるようにします。さらに会員が一生懸命取り組んだ経験を共有し、全力で考動することの大切さを再認識します。そうすることで笠岡青年会議所の魅力を活動地域の方々に知ってもらい、会員拡大に繋げていきます。

 「どんなに暗くても、星は輝いている。」暗闇の中を進む時に遠くまで照らす必要はありません。自分が進む少し先まで見通すことができればそれで充分です。進み続けていけば、どこまでも遠くへ進むことができます。今はまだ混沌としていても Jaycee の輝きは失われません。活動地域の明日を照らすことができるよう一年間邁進してまいります。